2018年8月18日 (土)

第19回 国際鉄道模型コンベンションに行ってきました

ウン年ぶりの記事です。この何年間か、お仕事系の活動あれこれしてました。そして、そろそろプラレール遊びも少し再開しようかな、と思い始めました。趣味ですからね、いつどうやったっていいんです。

  ◇

で、国際鉄道模型コンベンション(第19回)に伺いました!

180817_01

ぺたぞうさんチームの出展を見に行くのです。

180817_02

それでは、様々な構造物を見ていきますよ。リハビリ!

180817_03
定番モチーフ、通称「ひな壇」。

180817_04
今回レイアウトの中心部に位置する構造物。八角形のベースの上に構築されているとのこと。完全にプロの仕事です。

180817_05
その上部。

180817_06
壁。

180817_07
“レッド・クリフ”、に加えて、クロスしての「ひな壇」構造。

180817_08
トイレ?

180817_09
「曲線大鉄橋」を踏み台に、さらに上部構造が展開し、その上を行くのはハンバーガー運搬貨物列車。

180817_10
碧の世界。

180817_11
延々と続く「エクストラドーズド橋」。

180817_12
今回のJAMのテーマは「北海道」、とのことで、ここは函館ヤードの再現だそうです。

180817_13
その函館に四季島が入線していました。10両フル編成です。プラレール四季島は、6両編成のセットで販売されています。ライト付きで、プラキッズ遊びが出来て、メーカー希望価格税別5,000円!10両編成にするには、この6両セットに1両しか含まれてない一般タイプの中間車が5両必要で(?)、つまり5セット必要で(?)、つまり10両編成するには総額25,000円となって(?)、TOMIXの四季島基本セットと同レベルの価格になるという。。いやいや同じ値段だったらプラレール買いますよね!

180817_14
自分的に一番のお気に入りシーン。

180817_15
EF65に牽引され、あさかぜが行く。(※個人製作品です。)

180817_16
あさかぜが行く。(※個人製作品です。)

180817_17
この築堤はTOMIXのシリーズから出ている製品だそうです。初めからその様に設計したかと思うほど、プラレールにもぴったしですね!

180817_18
シンカリオン部隊。たぶん全機いる。

180817_19
シンカリオンに守られるは、プラレールのお宝。

180817_20
伊豆急勢揃い。(※個人製作品が含まれます。)

180817_21
ザ・ロイヤルエクスプレス。四季島に乗るのは大変だけど、こちらなら、がんばれば、なんとか、乗れる、のか?

180817_22
上を走るのはキハ391と思われます。(※個人製作品です。)

180817_23
EF66と富士。(※個人製作品です。)

レウアウト全景。レイアウトというよりやはり構造物、ですねー。
180817_24

  ◇

ちょう久しぶりに楽しめました!よい夏休みでした!ストレスなく浸れる世界があるのはやはりよいですね!

180817_25

※対応&お話いただいた皆さま、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«どのようにレイアウトを作っているか?