« 作品、二つ目。 (レイアウト No.2) | トップページ | 0系新幹線 (レイアウト No.3) »

2009年2月17日 (火)

“作品”を作る上でのルール

このBlogで紹介する“作品”の制作には、次のようなルールを設けることとする。

1.およそ一畳の範囲に収める。

2.実際に車両を無理なく走行させられる。

3.車両とレールはプラレールのものを使う。(改造は可。情景はプラレールのものでなくても良い。)

そして、一番重要なルール。

4.作品毎にテーマを設ける。できれば物語性をも盛り込む。

  +

広すぎず狭すぎず。広ければ難なく余裕を持ったレイアウトを展開できるであろう、しかし間延びする恐れがある。狭すぎると制約が多すぎていくらなんでも面白みがだせない。「一畳」というのはプラレールの規格にとってちょうどよい広さだと考える。

ていうか、ぺたぞうさんの「一畳プラレール」に触発されているだけという話も。。。

それから、いくら面白くても実際に走行できなくては“展示”になってしまい、“おもちゃ”ではなくなってしまうと考える。よって、例えば、一畳の中にJR新宿駅のホーム構成を完全再現することはできなくはないが、さすがに走行させることはできなくなってしまうので、そういうレイアウト(この場合はジオラマというべきか?)はNGとする。

プラレールを最もプラレールたらしめているのは、絶妙におもちゃとしてかわいくデフォルメされた車両と、リアルからは程遠いあのレールであると考える。車両とレールがこれらから逸脱するとプラレールではなくなってしまう。情景はそれに比べると幅が取れると思える。ただし、「大人」なので改造は無制限にアリである。

最後に、各レイアウトにテーマや絵画のように物語性を盛り込んでいこうというのは、このBlogの特色であり、挑戦である。

  +

なお、これらのルールは予告無く変更されたり無視されたりする可能性がある。




|

« 作品、二つ目。 (レイアウト No.2) | トップページ | 0系新幹線 (レイアウト No.3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072483/28169985

この記事へのトラックバック一覧です: “作品”を作る上でのルール:

« 作品、二つ目。 (レイアウト No.2) | トップページ | 0系新幹線 (レイアウト No.3) »