« プラレール博 in TOKYO 2011に行ってきました!(その3) | トップページ | プラレールアドバンスを見てきた! »

2011年5月16日 (月)

プラレール博 in TOKYO 2011に行ってきました!(その4)

(「その3」から続いています)

プラレール博 in TOKYO 2011のレポート、今回は最終回、お待たせしました新商品紹介編です!(おまたせ、というかプラレール博の熱気も冷めてきましたぞ(@_@;)

  ◆

ハイパーガーディアンシリーズ

110428_35

去年、白いグランドガイナーが鮮烈なデビューを飾りました。今年は「黒」、その名は「マスターライナー」だそうです。

110428_36
黒、他のライナーに比べて格が上なイメージです。

110428_37
「グランドガイナー」と合体!なかなか渋いです!

ハイパーガーディアンのシリーズは、「大人プラレール」的には手を出さないですが、小学生だったら確実にツボにはまっていたことでしょう。(いえ、ツボにはまるという意味では今のわたしにも当てはまっています!)

  ・

110428_38
まだまだ新しい車両がでるようです。筒状のものは砲身、じゃないですよね?どんな仕上がりになるのでしょう?

  ・

新製品と関係ないですが、ハイパーガーディアンのシリーズでは、特別輸送部隊の「カーゴライナー」がお気に入りです。どこが気に入っているかと言うと、ロング貨車にプラキッズ18体搭載可能!というところです。おもちゃにも関わらず4体とか6体ではなくしっかり18体、部隊員の輸送、というモチーフがみょうにリアルな感じでかっこいいです。(ただ、どうやって18体の隊員プラキッズを揃える事ができるのだろうか?、ということがずっと気になっています。。)

  ◆

トーマスシリーズ

プラレール博などにおけるトーマスシリーズのレイアウトは、いつも凝った情景が作りこまれていて楽しいです。「大人プラレール」的にも、通常シリーズのレイアウトよりある面関心高めです。

110428_40

このレイアウトは新製品「バック&ゴー!トーマス ミスティアイランドセット」 を中心としたものですね。
110428_41

110428_42
レイアウトの俯瞰です。「交差レール」も、変化に富んだ、トーマスシリーズならではの楽しいものになりますね。“双子トンネル”(勝手に命名)もかわいいモチーフです(^^)

  ・

こちらは今後発売の「ぐるぐるブリッジセット」。
110428_43

ブリッジがぐるぐるするのでした。
110428_44
結構大型な情景です。

・・・「どきどきマウンテン」、「ぐらぐらつり橋」、「うきうきクルーズ」、「ぐるぐるブリッジ」、と続いていますね(笑)

  ◆

「連結!E5系「はやぶさ」&トミカ駅前ロータリーセット」

プラレール博開幕の4月28日に合わせて発売されました。プラレール初のE5系編成ですね~。

110428_46

110428_47
この新型の駅は、正面の図はプラレール公式ページなどでもよく見ることができますが、、、

110428_49
どうしても裏側が気になってました。あーなるほどです。

そして、一番気になっていた「複線幅広ポイントレール」、その全容をここに収めました!
110428_50
やはり使えます!そして、やはりペアとなるジョイント凹凸逆版がどーしても必要です!

どうしてもお願いします!>タカラトミープラレール担当者様っ

  ◆

「おおきな列車メンテナンスステーション」

「トミカ&プラレールカタログ2011」の裏表紙に登場して話題騒然の「超巨大な車両基地」の実物がありました。

たしかに、でかい。
110428_51

中心部の寄り。レバーで車両のSTOP/GO、整備アームを動かしたり、ダイアルを回すとピンク屋根の洗車場で車両を送り出せるようです。
110428_52
ゲート(扉)部分や洗車場部分は別パーツになっている様子なので、レールを挟めばもっと延長したり、整備基地構内を拡充したレイアウトをつくることもできそうです。(この整備基地自体をダブル、トリプルに並べるとか・・・)

こちらも、ある意味整備基地本体よりも気になっていた4線分岐のポイントレールです!
110428_53

Old_tentetsuki 旧「てんてつき」と比べると、だいぶ似て非なるものですねー。旧「てんてつき」では、1線に合流する側は真ん中2線のちょうど中央に位置していましたが、この新ポイントレールでは、複線幅のピッチをずらさないように、分岐側のある1線の直線上に位置され、中央からはズレています。

右上に旧「てんてつき」の写真を載せておきました。合流側は分岐側の4線のいずれの直線上にもありません。<後でより分かりやすいものに差し替えます。。>

また、E5系「はやぶさ」セット同梱の「複線幅広ポイントレール」とは異なり、こちらでは、整備基地の左右用にジョイント凹凸逆のペアが同梱されるようです。うれしいです。

  ・

110428_55
110428_54

上の写真は、おそらく「おおきな列車メンテナンスステーション」と同時期に発売される、新しい「車両基地レールセット」です。かつての「E4 Max車両基地レールセット」のマイナーチェンジ、もしくは現行の「J-24 車両基地」×2+新型車庫、と考えられます。うにゃー、基地だらけです。

  ◆

「プラレールアドバンス(PLARAIL Advance)」

とうとう「革新的新シリーズ」に迫る時がきました!

110428_57

それはプラレールアドバンス(PLARAIL Advance)

110428_58
通常のプラレールより小さく、リアル。

プラレールのレール1本を複線のように走れるようです。4両編成が基本になるのでしょうか。上の写真をよく見ると、2両目の屋根にスイッチのようなものが見られます。

プラレール版"DCC"かと想像期待していましたが違いました(笑)(※"DCC"とは、"Digital Command Control"の略、「デジタル命令による制御」の意味で、Nゲージなど鉄道模型の世界で、走行制御を電子制御で行う仕掛けです。同一レーン上を複数の列車を衝突しないように走らせたり、ポイント切り替えを運行プログラムどおりに行えたりするものです。)

N700系のアップ。
110428_59

Nゲージの車両サイズとほとんど同じっぽいです。リアルとデフォルメの中間的な造形から、どうしても「Bトレインショーティ」を想起せざるを得ないのですが。。

0系のアップ。
110428_60

車輪のモールドが彫ってあって、実際の走行輪は別途2軸で装備されていました。んー、どうなの?

110428_61

上のポスターやプラレールアドバンス特設ページの写真によると、曲線レール上でもちゃんとすれ違えるようですね。

それから、いずれも通常の青レール使ってますが、グレーの高架レール使ってディスプレイすればすごく映えそうな気がしましたよ!

  ・

この「プラレールアドバンス」、ネット上の評判を探ってみると「賛否両論」のようです。
期待するup」の意見は、

  • アイディアが面白い!
  • リアルのがよい!
  • Nゲージよりお手軽(そう)でよい!

というかんじ。「プラレールアドバンス」の“ウリ”の部分を素直に受け止めた感想ですね。
一方、「期待しないdown」の意見は、

  • トイなのかホビーなのか位置づけがわからない?
  • ポイントレールや情景は流用できないのでは?
  • 結果的にラインナップが揃うかどうかわからない?

というかんじ。今後のシリーズとしての発展が未知数、という認識ですね。

私自身は「関係ない派-やや期待しない派」です(^^;というのは、「プラレールでレイアウト・ジオラマを作って写真に取る」のが目的なので、プラレール規格以外のものには基本的に没入することはない(はず)です。(2編成くらいは買ってみちゃうと思いますがー。(グレーの高架レールで走らせるのをやってみたくなっちゃいました(笑)))

あっ!そういえばいつも片隅に展示されていたTOMIXのNゲージのレイアウトが今年は無かった気がする!

  ◆

イベント限定「485系特急 レッドエクスプレス にちりん」

最後になりましたが、物販コーナーにて、、

今回から新登場のイベント限定品です。
110428_63

リニューアルされた485系の金型を使っているので、かっこいいです。赤が映えています。
110428_64

  ◆

というわけで、おつかれさまでした、プラレール博 in TOKYO 2011のレポートもおしまいです。いかがでしたか?

  ・

去年のレポートにも書きましたが、実地の体験やスタッフの方から得られた、プラレール博 in TOKYOの混雑回避情報をまとめておきます。(※もちろん情報の確度についての保証はありませんよ。)

  • 平日に行けるのであればそれが一番。
  • 休日に行くときは、(特に飛び石になってる場合は)4月最初の休みは避けて、5月の連休に入ってからの方がよい。ただし最終日は避ける。
  • 早朝か、そうでなければむしろ終了間際の15時前後に。

それではまたまた来年!!

  ・

会場出口には、今度東京駅にオープンするショップの宣伝ポスターがありました。覗きにいこうかな。
110428_65




|

« プラレール博 in TOKYO 2011に行ってきました!(その3) | トップページ | プラレールアドバンスを見てきた! »

コメント

遅くなりましたが、御長男の誕生おめでとうございます。good
新製品情報すごく参考になりました。
見たかったのが確認できたのでよかったです。eye
特に整備基地とプラレールアドバンスの車輪部。
アドバンスが出ることによって、子供がプラレールを卒業する年齢が少し延びないかと期待しています。
これにかこつけて普通のを収集し続けていけたらなと・・・。( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: しゃけ | 2011年5月29日 (日) 02時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072483/39917286

この記事へのトラックバック一覧です: プラレール博 in TOKYO 2011に行ってきました!(その4):

« プラレール博 in TOKYO 2011に行ってきました!(その3) | トップページ | プラレールアドバンスを見てきた! »