« 「第13回国際鉄道模型コンベンション」、他ブース紹介とまとめ | トップページ | ぺたぞうさんが今年もJAM出展します! »

2013年5月27日 (月)

プラレール博 in TOKYO 2013、行ってきました。

そろそろ東京では紫陽花が咲き始めておりますが、GW中に行って参りましたプラレール博のレポートです。

去年からプラレール博の会場は幕張メッセとなっています。ちょっと遠くなってしまったのですが、今年はE6系中間車と、それと東京モノレールが欲しかったので、重い腰を上げて(^^;幕張まで行くこととしました。GW前半3連休と後半4連休に挟まれた3日間の平日のど真ん中、5月1日を狙いました。

  ◇

狙いすぎたのか、完全にガラガラでした。

幕張メッセの会場前。列無し。
130501_01

入り口ゲートです。がらん。
130501_02

まずは、E6系中間車をゲット!
130501_03

プラレールの曲線の半径を決めたと言う「ちゃぶ台」がありました。
130501_04

  ◇

今年はもっぱら新商品・限定商品狙いで行きました。恒例巨大レイアウトなどはほとんど素通りして、、、

おっと、東京モノレールを中心とした空港レイアウトがありました。
130501_05

東京モノレールは、目玉として今年から新登場のイベント限定商品です。物販コーナーにはこれでもかってほどに山積みでした。モノレールのレールがグレーなのが素敵なのです!複数セット買って集めたいー。

  *

E6系スーパーこまちとE5系はやぶさが連結走行していました。
130501_06
E6系はかっこいいのです!

E6系スーパーこまちは大人気なようで、会場の物販コーナーでは、アーチ踏切セットも、テコロジーも売り切れてました。

  *

チャギントンより「ウィルソンのくるくるタワーと回転台セット」です。
130501_07

「回転台」のアップ。車両の動力で回転するようです。1両しか乗りませんが、プラレールの新しい“おうふくシステム”としていろいろ応用できそうな予感がします。
130501_08

「回転台」とタワーの説明です。
130501_09

  *

トーマスシリーズより、「あっちこっちトンネルセット」と「でこぼこ峠セット」。
130501_10

「でこぼこ峠」はですね、いままでのプラレールの枠組みを越えているのですよ!
130501_11
なんつったって、レールの上を走らないのです!

130501_12
このラジカルさに私は感動しました。

説明のパネル。
130501_13

「あっちこっちトンネル」は積み重ね可能なんですね。通常橋脚+ミニ橋脚2個の高さ。
130501_14

  *

「連結!E6系スーパーこまち&トミカアーチ踏切セット」の「アーチ踏切」のアップ。
130501_15
秋田新幹線(と山形新幹線)には踏切があるのですよね。この「アーチ踏切」は実在の踏切がモデルとなっているようです。モデルとなったかもしれない踏切が、こちらの方のブログ記事でよく紹介されていました!(E3系通過動画もありますよ。)

  *

大型情景となる「おおきなドームのターミナルステーション」。
130501_16

かつての「おおきなドームステーション」のマイナーチェンジっぽい・・・と思っていたら、なんと左右が逆だ!
130501_17

ドーム部分のアップ。半円型じゃないんですね。
130501_19

そしてこのダイナミックな可動性。
130501_20

  *

これはねー、ちょっと欲しいっす!!(笑)
130501_22
仮面ライダー電王のライナーに似た仕立てだと思いました。(そういえばデンライナープラレールは無かったですね。大人の事情でいろいろ無理だったのでしょうか。)

  ◇

ここからは、おまちかね?のプラレールアドバンス。

京成スカイライナーとカシオペア。なかなかよく出来てますぞゾ!
130501_23

スカイライナーのアップ。
130501_24

そしてEF510に牽かれるカシオペア、なのですが、、
130501_25
アドバンス動力車は、たとえ機関車+客車の編成でも“2両目”である、というタカラトミーからの回答(笑)。さあどう思われるでしょう??

後尾車です。
130501_27
カシオペアをかっこ良く長編成化するには、1パッケージから1両しか取れないので大変だ(笑)

  *

最後はアドバンスの高架です。アドバンス専用「橋脚」と「坂直線レール」が登場。
130501_28

橋脚は「高」、「中」、「低」の3種類用意されていて、坂直線3本で1階分上昇する設計。

これは「高」の橋脚。通常プラレールのブロック橋脚とほとんど同じようですが、高さがおおよそ3/4くらいに見えます。
130501_29
それと、“足”の内側に、レールのアドバンス走行部と干渉する“ツメ”が無いですね。

「高」段から「中」段へ下がる。
130501_30

「中」の橋脚。通常ブロック橋脚の1/2、ミニ橋脚2個分、でしょうか。(あとでちゃんと計ってみよう。)
130501_31

「中」段から「低」段へ。
130501_32

「低」の橋脚。ミニ橋脚に酷似しています。
130501_34

左側が通常レール(曲線)と、右側が坂直線。
130501_35
この試作品ではアドバンスの車輪の接地面がつるつるですが、マクドナルドハッピーセットのDVDに収録されていた紹介映像では、通常プラレールの車輪が収まる溝同様に、アドバンスの車輪接地面がぎざぎざになっていたようでした。

  ◇

以上で今年のプラレール博レポートはおしまいです。

会場でE6系テコロジーが買えなかったので、帰路途中で量販店に寄ってみるものの、そこでも在庫無し!小田急でロマンスカーMSEは無事ゲットして帰りました。久しぶりのプラレールの買い物でした。

  ◇

おまけ。
130501_37
巨大レイアウトの一部。港湾部のコンビナート風。




|

« 「第13回国際鉄道模型コンベンション」、他ブース紹介とまとめ | トップページ | ぺたぞうさんが今年もJAM出展します! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1072483/51774434

この記事へのトラックバック一覧です: プラレール博 in TOKYO 2013、行ってきました。:

« 「第13回国際鉄道模型コンベンション」、他ブース紹介とまとめ | トップページ | ぺたぞうさんが今年もJAM出展します! »